デコルテケアのコツ

私の首&デコルテのケア方法は、日焼けしない、こすらない、しっかり保湿の3点です。

日焼けはシミやしわの原因になりやすいので日差しが強くなる夏に限らず、外出時にはいつも首?デコルテに必ず日焼け止めを塗るようにしています。
そして日焼け止めを落とす時にはタオルなどでごしごしと強くこすらず、入浴時間を利用して手のひらで優しくゆっくりと時間をかけて落とすように心がけ、 摩擦で肌を傷めないようにしています。汗をかいた後もタオルで強くはこすらないようにしています。
日焼け止めをしっかり落とした後も、水分をとるのに強くはこすらずタオルを優しく押すように使って水分をふき取ります。
水分を拭き取ったら時間をおかず、すぐに化粧水と乳液をたっぷりと手のひらで浸透させます。
しばらくはしっとりとしたまま放置して、乾いてきたらボディークリームやボディーバターを首?デコルテに塗って保湿をしています。

これらをすることで、首?デコルテはいつも潤いを保っていられるのでしわが出来にくくシミもできません。


首もデコルテも顔と同様に

首からデコルテにかけての部分は顔とつながっているので、基本的には顔と同じようなケアをします。

顔はメイクをするのである程度隠せる面があるのですが、首やデコルテは肌そのものを露出することが多いので、肌そのものの見た目を重視します。
その際に欠かせないのがピーリング化粧品。
しかし、首の皮膚は薄いのであまり強いピーリング化粧商品だと肌荒れを起こしやすい部分でもあることを念頭においてケアしています。

お気に入りのピーリング化粧品は、DETクリアブライト&ピールピーリングジェリーとロゼット ゴマージュです。

DETクリアブライト&ピールピーリングジェリーの価格は1,000円ほど、ロゼットゴマージュの価格は600円ほどなので、値段もお手ごろです。
DETクリアブライト&ピールピーリングジェリーは粘度がロゼットゴマージュよりも低くて、トロトロとした感じなのですが、 そのあたりの使用感の良し悪しは人によると思います。ロゼットゴマージュはしっかりとしたジェル状です。
私はその日の気分によって使い分けています。

使い方は、身体を洗う前の乾いた肌でも、体を洗った後、きちんとタオルドライをしたあとでも大丈夫。
上記のピーリング剤を多めに手に取って、たっぷり首元からデコルテ部分まで伸ばします。このときピーリング剤の量が少ないと滑りが悪くなって皮膚に負担をかけるので、 もったいないと思ってもすこしたっぷりめに使うのがポイントです。
きちんと伸ばしたら、首はリンパの流れに沿ってマッサージするように手のひら全体を使ってやさしくこすります。
そうするとポロポロと角質のようなものが出てきます。

デコルテ部分は、首よりももっと優しくマッサージするようにします。
マッサージというよりは撫でる感じでデコルテから乳房部分までゆっくりと手を滑らせます。
デコルテ部分は首ほど角質は取れませんが、それで十分です。
くれぐれもポロポロした角質が出てきた後にしつこく摩擦するのはさけるようにします。
その後はシャワーで流し残しのないようにきれいに洗い流します。

しっかりとタオルドライしたら、保湿します。
保湿剤は季節によって変えています。

夏はさっぱりめの化粧水をコットンにふくませて、首筋からデコルテまでをふき取るようになじませます。
そのあとは顔のケアのようには叩いたりせず、水分を皮膚に吸収させるように手のひらでおさえるようにします。

夏以外の時期や、化粧水だけでは物足りない時には液体の馬油を少量手のひらにとって、 両手を合わせてよく温めてから手のひらを押し付けるように首やデコルテ部分に塗ります。

顔用のオールインワンジェルも首やデコルテに使いやすいのでおすすめです。

首やデコルテ部分は見落としがちですが、意外と目に付く場所なので、一年中お手入れは欠かしません。
ただ、上記にあげたピーリング剤は皮膚に優しいものではあるのですが、毎日行うものではありません。
夏は多くても1日おきくらい、それ以外の季節は週に2回くらいを目安にケアしています。

首やデコルテをケアするときは、自分の身体を愛しいたわる気持ちを持ちながら行うのが大切だと思っています。

香り効果で長続き

首とデコルテは年齢が出やすいと聞いて時間さえあればエステまではいきませんが、自分でケアをしています。
必ず毎日することは夜のお風呂上がりに化粧水等で整えた後にクリームを使って丁寧にマッサージをします。

クリームはドラッグストアで売ってるようなボディー用クリームからちょっとぜいたくしたい時は専門店で買った好きな香りのボディークリームを使います。
三日坊主になりやすいケアもその日の気分で香りを選べるようにしたら案外続きました。

時間がある時はお風呂場でフェイスマスクを首に巻き付けるように貼ってデコルテも同じ用に貼り付けます。
暑い夏の日はぬるま湯につからりながらしばらく置いておきます。
ついでに顔も一緒に。
あちこちに貼ったフェイスマスクをはがすと、もっちりとしたスベスベ肌になって肌の色もワントーン明るくなった気もします。

もっともっと時間がある時は更にボディスクラブで首、デコルテはもちろん全身にマッサージをします。

このスペシャルケアをするとしばらくはスベスベ肌が保ちます。


オイルマッサージ

毎晩、お風呂上りにオイルでマッサージをしています。

まず、鎖骨を指で挟み痛気持ち良いくらいの力で撫でていきます。
ここにはリンパの出口があるので、初めに出口をきれいにして老廃物が出ていきやすいようにしておきます。
そして、首全体を手のひらを使って上から下に向かって流していきます。
それから、首筋から肩にかけての凝りをほぐすようにマッサージをしていきます。
最後にデコルテのマッサージです。脇の辺りにあるリンパ節をほぐしてリンパの流れを良くし、バストの辺りまで撫でるようにマッサージしていきます。
これでマッサージは終了です。

このマッサージをすると首のラインがすっきりし、また顔のくすみも取れて血色が良くなります。

マッサージオイルの中に好きな香りのアロマオイルを垂らすと美容効果や代謝がアップし、何より心が癒されます。

マッサージが終わったら、お顔に付ける化粧水・乳液を付けてお肌を整えます。
この時、マッサージと同じ手順で伸ばしていくとさらに効果が上がります。

保湿と枕で

私のケア方法はお風呂上がりに化粧水や乳液を多めにとって顔と同じように首からデコルテの保湿をすることがまずひとつめの方法です。
あとは外出の際に日焼け止めを忘れずに塗ったり、日傘を使って日焼けを防ぐこともケアの内に入るかと思います。
こまめにケアしないと気づかない内に日焼けをして顔と首の色が違うなんてこともよくあるので、春先の日差しが強くなり始めた時期から気をつけるようにしています。

あと、これは気づいたらという感じなのですが、枕を自分に合ったものを使うのも方法のひとつかと思います。
元々首のシワがすごく気になっていたのですが、それとは全く関係なく2年前に肩凝りが酷くてふとん屋さんで測定して枕を作ってもらいました。
その枕を使い始めて数ヶ月経った頃にふと鏡を見てあんなに気になっていた首のシワが目立たなくなっていたことに感動しました。
寝る時の姿勢のせいでシワが酷かったという事を初めて知りました。

それから首からデコルテを出す自信もついてきたので、先に書いたようにこまめにケアするようになりました。


姉妹サイトはこちら

首イボはイボコロリで安全に取れるか?